project-image

【R,需要予測】R言語による個店別需要予測支援

    単価
    〜 ¥800,000

    spot-icon
    東京都
    calender-icon
    2019年4月 〜 中長期
    案件内容
    内容 :
    <目的>
    ・状態空間モデルを用いて、個店特性(地域差・天候・イベント影響等)を
    加味した店別SKU別予測を先2週間まで予測する
    ・店舗の計画に正しい予測を反映しつつ、
    各種アラート(欠品・積増し等)を提示することで以下を実現する
    ①欠品/過剰削減
      現状、現場の意思入れで仕切れていなかったアイテムの計画精度向上
    ②属人性排除
      店長毎のスキル差による計画精度のブレ削減
    ③人時削減
      現場の意思入れ工数を削減
    <課題>
    A.予測メッシュ
     ・店別SKU(最小管理単位 (Stock Keeping Unit))別の予測となるため、
      日次の売上は0/1のことも多い
     ・ボリュームの小さいところで如何に精度を担保するか
    B.実績なし対象の予測
     ・新商品/新色/新柄や初回値引など、
      足元実績がない商品群をどう予測するか
    C.パフォーマンス
     ・予測算出パフォーマンスをどこまであげられるか
    D.長期予測
     ・先8週間/6週間など一定長期間の予測をどこまで精度良く予測できるか
    業種
    その他
    職種
    データサイエンティスト、データアナリスト , データ解析エンジニア
    必須スキル
    *現行モデルの運用・改善
      1. R言語が2年以上(50%)
       他のプログラミング言語の経験やRパッケージ作成経験があると尚よし
      2. 統計モデリング経験(10%)
       データを可視化して全体像と掴む考え方ができるか
      3. 時系列データを正しく扱える(20%)
        回帰モデルの適用について(見せかけの回帰、単位根過程)
        周期性を考慮できるか
        ARIMA, GARCHなどの時系列分析手法の知識がある
       状態空間モデルを業務で利用した経験があると望ましい
      4. 小売業の知識を活かした分析経験がある(20%)
    尚可スキル
    5. 常駐したことがある(additional)
       *業務担当者への説明経験
    面談回数
    2回
    精算
    未定
    勤務地
    東京都
    人数
    1名
    期間
    2019年4月 〜 中長期
    応募期限
    なし
    備考

    案件お問い合わせ

    プロフィール

    必須項目

    必須項目です。

    必須項目です。

    ハイフン無しでご記入ください

    電話番号を正しく入力してください。

    メールアドレスを正しく入力してください。

    選択されていません

    選択されていません

    個人情報の取り扱い、利用規約

    個人情報の取り扱い、利用規約について同意してください

    以上の内容で間違いがなければ、「送信する」ボタンを押してください。

    戻る